Ubuntuでsambaを使ってファイル共有する

Ubuntuでファイル共有するためにsambaサーバーをインストールした。ただし、この内容は認証なしで誰でもアクセスできる個人用途向けなので注意。
sambaをインストールする
$ sudo apt-get install samba
共有用のディレクトリを作成する
homeディレクトリにpublicと言うフォルダを作り、フルアクセスできるようにパーミッションを設定する。
$ sudo mkdir /home/public
$ sudo chmod 777 /home/public
sambaの設定ファイルを編集する
$ sudo nano /etc/samba/smb.conf#======================= Global Settings =======================

[global]
# この2行を追加
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932

# Change this to the workgroup/NT-domain name your Samba server will part of
# Windowsの設定に合わせる
workgroup = WORKGROUP

# Only bind to the named interfaces and/or networks; you must use the
# 'interfaces' option above to use this.
# It is recommended that you enable this feature if your Samba machine is
# not protected by a firewall or is a firewall itself.  However, this
# option cannot handle dynamic or non-broadcast interfaces correctly.
# コメントを外す
bind interfaces only = yes

# 設定ファイルの最後に以下の内容を追記する
[public]
path = /home/public
writable = yes
guest ok = yes
guest only = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777
share modes = yes
sambaを再起動する
$ sudo service smbd restart
動作確認
samba_1
Ubuntuのpublicにアクセスする。ここでは192.168.0.90としている。
samba_2
フォルダやファイルを作成して、文字化けがないか、削除など正常に出来るかチェックする。
    この記事で書かれている製品やソフトについて
  • Ubuntu 16.04.1 LTS
  • samba 4.3.11-Ubuntu